再び表六甲へ!ぼっちじゃないのです

新コース開拓のため表六甲へ行く予定でしたがクロワッサンさんが再び六甲来るなら一緒に走ろうとなり、六甲を走ってきました。

朝起きたら昨日のダメージが足にきてたのですが約束もあるので二度寝の誘惑を振り切りご飯を食べて出発です。
道は前回で把握したので今回はスムーズにファミマへ!

10分位前に到着しましたがあれ?クロワッサンさんがいないぞ。
時間までまだあるのでサイコンや携帯をいじってるとクロワッサンさん到着!

大慌てできたらしく忘れ物もしてしまったクロワッサンさん。
443号さんも来られるかなと考えてましたが都合がつかなかったようです。

雑談してから表六甲へ!
もう、秋ですねと落ち葉がパラパラ降ってます。

六甲ケーブルを目指し坂に突入した瞬間、足が明らかに重い(^_^;)
平地では問題ない足もやはり、坂はもろに来ます。

気づくとクロワッサンさんは遥か後方へ^_^;
こういう時、合わせて走るのかあるいは先にいくのか迷いますが今回は443号さんもいないので先にいくことにします。
というかそこまで余裕がないのが本音です。

六甲ケーブルで写真を撮ったりしてクロワッサンさんが追いついてくると少し休憩を挟み出発です!
この後、展望台まで先については休憩を挟み写真と繰り返しながら展望台に到着。
中国人らしい観光客が大声で写真とってましたが私はどかっと座って休憩してるとクロワッサンさんが来られます。
休憩してからアタックかけようか迷ってるらしいクロワッサンさんに前回と同じくらいの1分後に出ますよと。
ハンデをつけた表六甲終盤までの競争を提案します。

クロワッサンさんは了承し先にいかれましたのできっかり一分で出発します。
前回は逃げ切られたので追いつくつもりの全力で追いかけますが一気に失速した所、なんとかクロワッサンさんの後ろ姿を捉えました。
距離的に追いつけるかと考えたらクロワッサンさんが振り返りダンシングを…
やばい!もう、ダンシングする力はないぞと焦りますがすぐにダンシングは終わりじりじり距離を詰めて追い抜きました。

嫌味ではないですがクロワッサンさん速くなられてると思います。
初心者の頃は乗った時間だけ早くなるといいますしね。

で結局、表六甲勝負はわたしに軍配があがり、休憩してからダウンヒルして再び2号線近くにある道案内してもらい今回のぼっちじゃないヒルクライムは幕を下ろしました。

で!私は再び40キロ近い道のりを帰りましたとさ!

もう、足ガタガタです!
そういえば、クロワッサンさんとも話やはり、ホイールはこれにするかもしれません。






いつになるやらです(^^)

また、グループライドしたいですね!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック